【本八幡】コルトンプラザの自転車屋さん『ル・サイク』を100で信用することにした

私は自転車を二つ持っています。 通販で買った激安ママチャリ。近所を走る時用ですね。
もう一つはバルイーグル号。通勤用十万円チャリ(私にとっては大事なものですが5年も乗っているので市場価値はもうありません。念のため)
名前がバルイーグル号なのは、ラジオでバナナマン日村さんの自転車が青いのでバルシャーク号と名付けられたから。私のは赤いのでバルイーグル号。 今年の夏ごろ、コルトンプラザに自転車屋さんが開店しました。(平日10:00~20:00、土日祝10:00~21:00)
[link_preview]https://www.nikke-cp.gr.jp/shop/index.jsp?bf=1&fmt=6&shopid=406 [/link_preview] 『ル・サイク』さんには何回かお世話になっています。
バルイーグル号がパンクしたとき(前輪)。バルイーグル号がパンクしたとき(後輪)。地元用激安ママチャリがパンクしたとき(どっちか忘れた)。 スタッフさんの説明が丁寧でした。
前回にバルイーグル号がパンクしたとき(前輪)に直ったバルイーグル号を取りに行ったら作業していた方は帰宅しており、店番していた若い女性から事情を聴きました。
パンクにいたずらの線も考えていたのですが、とげが刺さっていたそうです。そのお姉さんの話では、タイヤの空気圧が高すぎると刺さった遂げてバンクしてしまう。適正な空気圧ならパンクしなかったでしょうとのこと。
えーと、、、、おねえさん、ゴメン!!店番のバイトと思ってたけど、ちゃんとした自転車のプロだったよ。見くびってごめんなさい!!
引き継いだことを口から並べているのではなく、ちゃんと自分の言葉でお姉さんは説明してくれました。 今回、バルイーグル号のペダルが破損したので買いに行きました。ついでにメンテナンスをしてもらおうと思ってました。
、、、、お?メンテナンスが1800円?
買ったところでは無料でやってくれていたメンテナンスが1800円?
私はいい歳なので図々しいです。なのでまっすぐ聞きました。
「他じゃ無料だったんですけど、1800円と無料の違いはなんでしょう?」
同じ”メンテナンス”という言葉であっても、同じことをするとは限らない。というか違うことをするんでしょう。オイルチェックや交換をするみたいなことを言っていました。 んでペダルが1800円+工賃400円。財布に入っていたのが5000円ぐらいだったのでメンテナンスもお願いしました。
そのペダルを選ぶ時も私のバカみたいな質問にちゃんと答えてくれるんですよね。
「素人が通勤で20km走るんですけど、どれがいいですかね?」『これかこれですね』「速いのはどっちですかね?」『足が当たる面積が大きいこちらですね』
 —-
隣接しているゲーセンで時間をつぶすこと30分。(作業を見て覚えようとしないのが素人ですね)
 —-
作業の終わったバルイーグル号と再会しました。お金を払ってバルイーグル号を駐輪場まで転がしてまたがり一漕ぎしました。これまでと違う!!
漕ぐたびにキーキー言ってた音がなくなってる!この音って買ったところでのメンテで「音が出るけど危険信号ってわけでもない。問題ないっすよ」と言われてたところでした。
前輪のギアが3つあるんですが、3にすると大きな音がしてました。これも「音が出るけど許容範囲だから問題ないっすよ」と言われてたところです。それもない! 平日に改めて自転車通勤をしたんですが、速え!!これはペダルを交換したせいだけじゃねえ!私はこれまでギアのデフォルトが前輪2/3後輪6/8でした。がんばるときに前輪2/3後輪7/8にするぐらい。なのに前輪3/3後輪8/8とこのチャリのマックスで快適に走れる!俺って1kmを2分半で走れたんだ! 次の通勤用チャリはここで買おうと思います。「あなたにはこの自転車がベストですよ。このオプションも付けたほうがいいですよ」と言われたら20万円までは迷うことなく出す。買い替えがいつのことになるかは分からないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です