【本八幡】徳福で肉玉ラーメンを食べました。

肉玉ラーメン

久しぶりに京成八幡駅周辺まで歩いて、徳福でご飯を食べました。

徳福の調味料

徳福の調味料たち。TKG(古いなぁ)用の醤油があります。

徳福で食べたもの

徳福のカウンターに着席すると、とりあえず玉子が出てきます。

徳福の調味料

小ぶりですが黄身の色が濃い卵です。

肉玉ラーメン

スープ

豚骨じゃないだけで、基準値が”高評価”から始まります。

肉の味がスープに溶けだしていて、おいしいですね。肉玉ラーメンの”玉”は玉子ではなく肉の塊ってことかな。

”独自路線”と言っちゃっていいんじゃないかな。少しでもバランスが変わると「質のいい肉を使った袋めん(醤油)で母ちゃんが作った昼飯のラーメン」になっちゃうかもしれないけど。

太麺を頼みました。大盛無料。普通の麺でした。これの一つ前に麺らしからぬ麺を食べているので、その分美味しかった。

 

具材

肉玉ラーメンという通り、肉がメインです。肉は上に書いた通りです。チャーシューは乗ってない。

最近、もやしの存在意義に改めて驚かされています。肉玉ラーメンももやしの存在感のバランスがちょうどよかった!麺に飽きたころに麺とは違う食感が入ってきたときの感動!

 

徳福丼(肉玉丼)

  

頂いた卵はこちらに使いました。マヨネーズと絡ませるのが嫌だったので、ほじくって真ん中に穴開けて投入!

 

肉は肉玉ラーメンでその濃さを知っています。マヨネーズが味の濃さを足します。さらに卵。

そしてそれを全てつつきこむ白米様

 

うん、うまい、うまいよ。でも太る食べ物さ!(ラーメン屋さんに着といてソコを着にしたら負けです)

丼というよりは茶碗の大きさでしたが、ちょうどよかったかな。

徳福のお店情報

他の方々の感想も乗ってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です