【本八幡】『なりたけ』で『みそつけめん』目いっぱいの脂っこさ

【本八幡】『なりたけ』で『みそつけめん』目いっぱいの脂っこさ
こんにちは。本八幡のヤンです。

なりたけ

半年に一度くらい食べたくなるなりたけ。
久しぶりに行ってきました。
食べた結果、うん、しばらくはいい。 ニンニクたちは、また雑な容器に戻ったんですね。一時期は小さなポットに入ってたんだけどね。

みそつけめん(300g)

なりたけでつけ麺を食べたの初めてかも。3年前はなかったような気がする
ラーメンほどの脂っこさは感じなかったですね。あのギトギトさは抑えられてました。それでも十分に油っこいんだけどさ。 ひさしぶりにラーメンらしいラーメンを食べたような気がする。ここ最近うどん見たいな麺を食べてたんだ。

麺と油が絡んで、その辛みが味噌スープ(っつーと、質の悪い味噌汁みたいだね)のうまさを口の中に連れてくる。素直にツルツル入ってくるのが、食べやすい。
人によっては、なりたけはラーメンよりもつけ麺の方が食べやすいんじゃないかな。つけ麺はラーメンほど油が前面に出てない。前面に出てないだけで、同じ量の油なんだろうから、家に帰ってからお腹が気持ち悪くなる可能性もあるけどね。
私はおいしかったです。

最後にスープ割
きっちり完飲させてもらいました。

餃子

味がついているので、そのまま食べてくださいとのこと。
食べてみました。
味が強く、確かに味がありました。
ですが、それが普通の餃子だと思います。
ラー油・酢 ・ 醤油の合わせ技に負けないからこそ餃子はおいしいもの。
普通に食べさせてもらいました。

なりたけ

なりたけ の外の風景

JR本八幡駅を北口に出て、松屋さんのところを曲がった先。

雑談

なりたけは昔からちょいちょいお邪魔しているんですが、行くたびに「しばらくいいや」と思います。ここまで書いてきたように脂っこさがその理由のほとんどです。
だけどなぁ、前見たときは食べる気なくなったことがあったんだよなぁ。

お客さんが帰った後に、店員さんが丼を下げたんだけどさ、入ってたスープを流しの三角コーナーに流してました。濃すぎる油と具材で詰まったんでしょうね、レンゲで三角コーナーを馴らしてました。
それがすっごい気持ち悪かった。そういうことは裏でやってくれよ。

ま、今回のように半年に一度は足を運ぶんだけどさ。


こっから私の性格の悪いところ。

んで、今回。ときは2020年6月です。新型コロナ騒動が落ち着き始めているけど、まだ第二派の不安があるころ。
私もマスクはポーズと化しています。このころの市川市は新規感染者数の発見は2週間ぐらいなかったので、都内通勤者が持ち込まなければ、大丈夫という感じになってきてました。でも基本的にはお店の店員さんはマスクをしていました。
なりたけの店員さんもマスクをしていました。一人を除いて。
多分、場を仕切っている店員さんです。ラーメンを作ってました。店長さんというよりはバイトリーダー的な立ち位置の人なんじゃないかな。本人はみんなに気さくに声をかけているつもりっぽいけど、話しかけられた店員さんたちからは緊張が見える。キレやすいから上機嫌のままになるようにしとこうって感じ。
その店員さんが、、、、マスクを顎においてるんですよ。気持ちはわかるんですよ。マスクに慣れてない人は話すときにマスクを外したくなっちゃうのは。
しゃべるとき対策でマスクをしているのに、しゃべるのに邪魔だから顎に置いておくのは、、、、、。
場の仕切りで立場が上だから 一番しゃべってた。 みんなに指示して、上機嫌に無駄話して。でも「ありがとうございました!」は言わない。
店員の誰も注意できないところが、彼と店員さんとの関係性が浮き出てるよなぁ。

んで、新型コロナ騒動で「しゃべると息が飛ぶ、唾が飛ぶ」という意識が強く根付いてしまいました。料理している人がしゃべってたり大きな声を上げられちゃうことに強い抵抗がある人がふえていくんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です