【本八幡】『やよい軒』で『牛野菜炒めと旨辛チゲスープの定食』『とろろ』と「お出汁付け」

【本八幡】『やよい軒』で『牛野菜炒めと旨辛チゲスープの定食』『とろろ』と「お出汁付け」
こんにちは。本八幡のヤンです。

やよい軒

サラリーマンの味方やよい軒です。
お代わり自由です。お代わり自由じゃ、あまり食べられない女子は不平等だ!というよくわからない運動がありましたね。んで、その運動にやよい軒が負けていた時期がありましたね。
お店のサービスに不服なら利用しなきゃいいと思うんだけどね、、、、。

『牛野菜炒めと旨辛チゲスープの定食』『とろろ』

とろろは別で買いました。

んで、、、味なんですけどね、、、、うーん、、、、、。うまく、、、ない、、、。

まず簡単にレビューできる旨辛チゲスープから
辛いだけですね。辛さの中にふっと湧き上がってくるおいしさが、、、、ないない。
辛いもの好きな方は納得の辛さかもしれません。
辛いものも不通に食べられますよ程度のテンションの私では、辛さが先行して、、、、いや、辛さしかない。辛いのと戦っていると豆腐の優しさが、、、ってこともない。 続いて、牛野菜炒め
ニンジンの統一感のある短冊切りがセントラルキッチンを感じさせますね。
牛肉も特に味は感じませんでした。

私はもうそこそこの年なので、量よりも味になってます。もうやよい軒さんのターゲットじゃなくなっているのかもしれない。
やよい軒さんはお代わり自由です。「おなかいっぱい食べな!若いんだから食べられるだろ!」って方向のお店です。お母さん的な人が定食のご飯を勝手に大盛にして出してくるイメージのお店です。
金額に対して平均よりも量が多いのはすごいと思います。でも私が重要視するようになっちゃった味の方は、、、私の方向性がやよい軒のそれと違いました。学生の頃なら重宝したかもしれないなぁ。

最後にお汁付け
お茶漬けじゃないのでお汁付け。
お代わり用の機械の隣にポットがあります。そこに出しが入ってます。
ご飯を小サイズいれて、だしを入れます。
こんな感じ
んで定食についてきたおしんこなんかを入れます。
今回の定食には何もついてなかったので、テーブルにあった大根を入れました。
あ、うまい。
透き通ったスープの中にしっかりとした味がある。
辛いスープと油っぽい鉄板料理の後でさっぱりとした味が素敵でした。
今日食べたなかで、一番おいしかったです。

やよい軒

やよい軒 の外の風景

JR本八幡駅の改札を出てビルの中をまっすぐ行って出て、ファミマを左。餃子の王将の先。
【本八幡】『焼肉もとび』で『もとび5種』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です