西友でpaypayってみた。失敗した。

2019年9月のpaypayはスーパーマーケット系で使用すると10:00-14:00の間で20%のポイントバックです。
このキャンペーンの狙いはわかりやすく”主婦層狙い撃ち”です。まだまだ現金至上主義がはびこる日本で「不便をしているわけもないのに新しくわからないものに手を出す理由がない」という至極まっとうな理屈のもとに電子決済サービスの普及が低いのでしょう。

「ま、電子決済サービスの全体的な普及も低すぎると聞いてるけどね。現金が信用できるならそれでいいと思うし」

んで私はポイントバック欲しさにd払い・paypay・メルカリpay・linepayを使いこなす私は20%は捨てられないので西友に行ってきました。牛乳やらたまごやらカット野菜やらを買い込んで合計2600円。
レジのおばちゃんにQRコードを出した画面を差し出しました。
おばちゃん「paypay払いですねー。読み取り画面を出してください」
、、、え?コンビニでの支払い方と違うの?
家でいじっているときに読み取り画面が出たことがあったような気がするけど、どうしたか覚えていない。
おばちゃんはA4のアクリルでパウチした紙を取り出して見せてきます。(説明はできないらしい。しょうがないわな)
でもその紙に読み取り画面を出す方法は書いてない。
レジ前で1分ほどスマフォと格闘してました。気が付けば後ろにはレジ待ちのお客さんがいっぱい。その状態でレジ前で1分は通常の時間帯の一時間に匹敵するでしょう。そのあたりでおばちゃん(上役)がレジの後ろをうろうろしながら私のスマフォをのぞき込んでました。
どうにかQRを読み取る画面を出して、おばちゃんが見せてきたQRコードを読み込み。
んで自分で数字を手打ち。
支払ボタンをタップ!
  → 残高不足です。
いやいやいやいや、西友に来る前に5000円入れてきたじゃん。5000円て出てるじゃん。でも残高不足。
私はそこであきらめて現金払いしてきました。

コンビニの支払いだと
バーコードを提示すると店員がバーコードで読み取る
だけです。

スーパーの支払いだと
店員がQRコードを提示
客がQRコードを読み取る
客が精算額を入力
(店員が確認。はしなくてもいいのかもしれないけど、普通はお互いで確認するよね?)
客が「支払」をタップ。(私はここで躓いた。原因不明)
とずいぶん違うみたいです。
少しずれるけどレジのおばちゃんの「私はそのスマフォに触っちゃダメなんです」はその通りだと思った。

私の感想としては
私が挫折するんじゃ、慣れない人たちには難しすぎない?
です。

日本って電子決済サービスがよその国より遅れているらしいです。なので追いつくために国も躍起になっているって話を聞きます。
けどさ、別に無理に使う必要はないんじゃないの?
そりゃ海外によく行く人は電子決済サービスに慣れている必要はあるかもしれないけど、国内で生活が全て完結している人は無理に電子決済化しなくてもいいんじゃない?

私も「電子決済サービスバブル」と呼ぶべきキャンペーンが落ち着いたら現金に戻る気満々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です