電子決済サービスはどれを使えばお得か問題。

現在、電子決済サービスの主導権争いが過熱しています。

日本人にとって初めての価値観である電子決済サービスによるキャッシュレス化。その黎明期に国民に「キャッシュレス=○○」と刷り込んでしまうことが一番重要です。
そのため今はどれだけ損しても主導権を取れれば数年後には大きな利益になる!とばかりにポイントバックキャンペーンをしています。
私は消費者としてそのおこぼれを拾うのに必死になっています。現在の勢力争いはこんな感じ

paypay   ソフトバンクとヤフーの仕掛け。
d払い    NTT DOCOMOの仕掛け
メルカリpay メルカリの仕掛け
Linepay  Lineの仕掛け。韓国企業
FamiPay  ファミマオンリー。
7pay    2019年9月に終了。出直し

体感的にpaypayとd払いが頭一つ抜け出ている感じですね。他に比べて資金力が圧倒的に違うので、ポイントバックする額が他者の追随を許さない。
各社の必死の主導権争い(=消費者にとっては電子決済サービスバブル)がいつ終結するかどんな結末になるかはわかりませんし、それほど興味はありません。

どれを使うか悩むところですが、すっごい簡単に整理すれば、
判断の優先順位01.メインコンビニがセブンイレブンならpaypay
判断の優先順位02.docomoユーザーはd払い
判断の優先順位03.それ以外はpaypay
ぐらいの割り切り方でいいんじゃないでしょうか。

私はこのバブルが終わるまではd払いが中心になります。
私が感じたメリットデメリットをまとめます。

d払いのメリット

・チャージなしで電話料金と一緒に引き落とし
・びっくりするぐらい多様なキャンペーンが行われている。

d払いのデメリット

・私の給料日が25日に対しdocomoの引き落としが10日。15日間落ち着かない。(個人的に結構でかいデメリット。)
・セブンイレブンで使えない
・びっくりするぐらい多様なキャンペーンが行われていて混乱する
・加算されるポイントのほとんどが一か月後
・取得したポイントに消費期限がある。

私は『びっくりするぐらい多様なキャンペーンがある』を選別して使用していきます。(どのキャンペーンを使うか考えるのに意識と時間を持っていかれちゃっていることが本気で今の悩みだったりしますが)
なお、セブンイレブンでd払いのページを出して店員にツッコミを受けることがあります。

paypayのメリット

・セブンイレブンで使用可能

paypayのデメリット

・キャンペーンを最大限に受けたいなら残高をチャージしておく必要がある。

職場から一番近いコンビニがセブンイレブンなのでpaypayにまとめられると便利なんですけどね。

、、、と思ったらセブンイレブンも2019年10月からd払いに対応するそうな。
私はもうd払い一択。


中途半端に残っているpaypay、メルカリpay、Linepay、nanancoポイント、pontaカードの残高を精算して存在ごと記憶から消去しd払いに全振りしよう。
そして「電子決済サービスはどれを使えばお得か問題」(もはや”問題”です)を頭の片隅に追いやって違うことを考えるのに時間と労力を使おう。

間違っても5%以下のポイントバックに反応しないこと。
 生活を豊かにするために電子決済サービスのポイントバックキャンペーンを探しているのか
 電子決済サービスのポイントバックキャンペーンのために生活しているのか
わかんなくなっちゃうよ。

PS
今ちょっとネットを眺めたら
au PAY   auの仕掛け
ゆうちょPay 
楽天ペイ  楽天の仕掛け
などなど有りました。
俺はもういいよう、、、、、落ち着くまでd払いとやっていくよう…..。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です