首里城を建て直す理由って何?

首里城が燃えちゃって、直す方向で話が進んでます。沖縄が国に金を出せといっているとかクラウドファンディングで2億集まったとか。

正直に言う。なんで建て直すの?

昔のことを現代に伝えるために建て直すみたいな雰囲気になっているけど、伝わるの?

琉球王国があったころに建築した首里城なら、歴史的な価値から保持を続ける意味があるような気がする。
後の技術で補修保全するのもいいでしょう。
けど、0から現代の最先端技術で作り直す首里城にどれだけの意味があるのかよくわからない。

大事な観光資源だからと言われた方が納得しやすい。
 —-
あー、私は「東京タワーが焼失したからって東京タワーを作り直しますか?」と思ってるんだ。

数百年後、電波塔としての役目を終えた東京タワーが老朽化したり火事でなくなったらたぶん建て直さない。(骨組みだけの東京タワーが火事ってのも想像しにくいけど)
だって同じオブジェを作り直すぐらいなら新しいオブジェを作りたいじゃない。

首里城は政治の中枢としての役目を終えている。壊す必要はないけど、なくなっちゃったなら再建する理由はないでしょ?

収入源だから作っているように見えている。TDLが焼失したら千葉県の収入が半減しちゃうから作り直す感じに見えてるんだよなぁ。

首里城を立て直す大義名分って何?「琉球王国の歴史を子供たちの世代に伝えるため」なら、それに億単位の税金をかける価値は私には見いだせないなぁ。補修保全ぐらいならアリだと思うけどさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です