市川市の健康診断 その後-1.私がなぜ健康診断に行ったのか。なぜ面談に行ったのか。

※その後と銘打っていますが、「市川市の健康診断」の記事はありません
去年の11月に市川市の健康診断に行きました。健康診断が10年ぶりぐらいでした。
んで、市川市から封書が届きました。「血圧が高いから、相談してみませんか?いつがいいですか?」

面倒なような、ちゃんと言った方がいいような、、、、、と思っていると電話が着ました。いつがいいかと。
平日に休む日があったのでその日にお願いしました。土日も大丈夫と言ってたけどね(日曜はだめだったんだっけかな?)

ちょっと話がずれますが、業務時間中に電話が着ました。
「お仕事中すみません」とは言ってくれましたが、「今お時間大丈夫ですか」とは聞かれなかった。後者がないことに引っ掛かりを感じたのは、何かに毒されすぎているかなぁ。

んで、当日、場所はJR本八幡駅の南口をまっすぐ行くと斎場のあるT字路にぶつかるので、そこを右に曲がりちょっと行ったところにあるといわれました。ドコモショップまではいかないぐらいです。
電話の中で「ドコモショップの近くですか?」と聞いたら、
「ドコモショップ、、、、、?ドコモショップは、、、、ああ!ドコモショップの近くです!ドコモショップの近くです!」と言われました。
行ってみたら事務所の入り口から50mぐらいのところにドコモショップがありました。位置関係的には JR本八幡駅 - 事務所 - 道を挟んで50m-ドコモショップ。職員さん的には生活圏や通勤経路的に「JR本八幡駅 - 事務所」で関係つしているんでしょうね。
自分の興味のない方角は50m先でも記憶はあいまいかと思ったら少し面白かったです。

さて、ここでなぜ健康診断に行ったのか。なぜ面談に行ったのか。
自分の健康のためではありますが、それだけだと理由として弱いんですよ。不安を感じていないので。いろいろとガタも出始めてますが。
それをなぜ行ったか。俺様に税金を使わせるためです
健康優良の独身の男というと、国や市に収めた金が自分にフィードバックされていると感じることが少ないんですよ。少ないっていうかないんですよ。
「市のサービスを使いたい」んです。その気持ちが「行くのめんどくさい」に勝ちました。

んで一室に通されて面談が始まりました。
最初に趣旨説明をしてくれました。商売ではないので向こうも面倒くさい駆け引きはなしです。なぜ面談をするか説明してくれました。
「みんな病気になるから国の金がやばくなってきている。病気になる前にそれを防ぐのが目的です」
オレに税金を使わせないための時間ですか
のちにオレが病気になって十万円の健康保険を使われるよりも、面談で2000円(職員さんを一時間拘束+前準備など)で済ますための時間らしい。

私に税金を使わせるなら、面談(2000円)して、その内容を無視した結果、病気になる(十万円)。
こんな計画(国に10万2000円使わせる)が成り立つ?けど、不毛すぎるよなぁ。

あ、本来なら健康診断の結果を聞きに健康診断をしてくれた医者の所に行かなくてはいけないです。
私はいかずに3か月たってしまいました。なんでいかなかったんだろうねぇ、、、、。
健康診断の翌日に便を届けに行ったら、時間外だったらしく「次からは時間内に来てください」ときつい言い方で言われて、ヤになっちゃったからかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です