去年の成果と翌日の死に方。

天気がよく暖かかったので、本八幡から錦糸町の映画館まで走っていくことにした。12.7km
その日の午前中にイングレスのミッションで5kmぐらい走っているので、無理だったら電車に乗ればいいやと思って始めました。

上映開始時間もあって、8km時点の新小岩で電車に乗ってしまったんですが、8kmを一時間で走れただけで満足です。
去年作った足腰と心肺機能と走ることの精神力はまだ残っているようです。これは今後が組み立てやすい。

あ、帰りは日が落ちた19時過ぎでした。ランニングの格好じゃ寒かった。
翌日は電池切れして布団から出れないかなーと思ってましたが、思いのほか立ち上がることができました。けど、体中の筋肉が疲労を訴えてきている状態。何もする気が起きない。

完全な電池切れを起こして寝ていたわけではなく、かといって、好調とはほぼ遠く、、、、、気持ち悪い一日でした。

しばらくは
 土曜日にひたすら体を動かして
 日曜日に死んだように寝て
 月曜日の朝には仕事に行く気になる。
という週末の使い方をしようと思っていたんだけど、土曜日の運動量の増やし方と回復力の伸び方では回復力の伸び方の方が上回っている状態ですね。もうちょっと暖かくなったら金曜日の夜に走ることも算段に入れて、、、、

なかなか大変だ。


こんなこと書いたのが 2月の19日のこと。

3月2日に3時間10kmちょい走ったら二日寝込んだ。月曜日を自主休業した。なんだったら火曜日まで尾を引いている。昼ご飯を食べる前に寝たらそのまま1時まで寝てたのは我ながら驚いた。
この三日間で”生きている”と感じたのは走っている3時間だけだった。短すぎるだろ
土曜日に体力使い切って日曜日に死んでいるのはいい。けど、3時間は、、、たった3時間はねーべ。
しかも土曜日の他の時間は、PCの前でyoutubeを流しながら寝ている・鬼斬をダラダラやっているってのはナシだろ。

問題の大きな一つとして、1時間走っていると飽きるらしい
イングレスのミッションをやりながら走っているので、走っているときの頭を空っぽ状態にはなりにくい。

アスファルトの上を走る負荷は捨てられない。けど、それだけじゃ体の幹に高負荷すぎて体の細部まで疲労を回せないらしい
イングレスのミッションのランはやっていくとして(地元のミッションが尽きかけているけど)、残りの時間はメガロスで暴れるか。
、、、、あ、そのうち毎日5km走ることになるから、土日はメガロスにこもるか。(毎日5km走って一週間持つのか?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です