財布を分けてみよう

目的別にしようとして何度も失敗しているお金管理。

一か月で出勤するお金を出元別に分けてみた。これで分ければいいんじゃないの?

  1. 引き落とし
  2. スイカクレジットカード
  3. 西友クレジットカード
  4. ヨドバシカメラクレジットカード
  5. 日常の現金
  6. セブンイレブンクレジットカード
  7. 酒飲むとかの現金
  8. 映画代

ごちゃごちゃ考えた結論がこちら
1.引き落とし
→制御外。電気代など。節約はしていこうとは思うけど、金額に絡める気はない。ネット代と上下水道費もここに入れておこう。
2.スイカクレジットカード
→10日で5000円の縛り。多いけど、定期を持ってない箇所があるので。ちゃんと起きてちゃんと電車に乗れれば自転車になるはずなんだけどうまくいかない。
3.西友クレジットカード
→無法地帯でOK。西友で買うってことは、ちゃんと自炊生活をする気があるってことなので。
4.ヨドバシカメラクレジットカード
→ネットで何か買うときはこれ。とりあえず無法地帯で。一発の買い物が高額だけど、「日常」と呼ぶほどの頻度じゃない
5.日常の現金
→主に食費。10日で15000円の縛り。前に一週間でやろうとしてうまくいかなかった。「7.酒飲むとかの現金」と切り分けてなかったからかもしれないけど。
 あ、ちょうどいいかも。7日で10000円でやってた時、1日が1,428円でもやもやしてたけど、これなら1日が1,500円だね。
6.セブンイレブンクレジットカード
→明らかに頼りっきりになっているので、コンビニは奇数日にしか入っちゃいけないことにしてある。日付変更線は起床。偶数日に0時を過ぎてもそれは偶数日。
 「5.日常の現金」の金からバック。カードで使った分を貯金箱へ(10円単位を切り捨て)
7.酒飲むとかの現金
→これを「5.日常の現金」と切り分けたのが今回の肝。
 新宿で金を払うとき、地元で酒を飲むとき、セミナーなどはこっちの財布。
 とりあえず月で100,000円。だけど絶対多すぎだって!!
8.映画代
→概念として完全新規。ちょっと厚く記事を書くために多く足を運ぶことになるので「6.日常の現金」から切り出してみた。
 TOHOシネマで見る分には先払いしてあるとして、ユニバーシティで見るのが「1000円(金)+1300円(レイトショー)*3日(月火水)」で週に4900円

まとめると、生活の中で動かすお金は179,600円らしい。これに家賃やらなんやらが出ていくけど。
「6.日常の現金」と「7.酒飲むとかの現金」は物理的に分けないとウヤムヤになるだろうから2財布体制か。
冬のうちは頑張っていけるかな?ポケットいっぱいあるので、邪魔にならないから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です